虫歯や歯周病のない健康的な歯のために

予防歯科

むし歯・歯周病予防

  • 正しい歯みがき
  • PMTCって?
  • 妊娠時の危険性

むし歯・歯周病予防のために

むし歯も歯周病も歯の周辺に付着する歯垢(プラーク)が原因となります。
プラークの中には多くの細菌が棲息し、歯や歯ぐきを侵していきます。
このプラークを付けない、取り除くが予防の基本です。

むし歯・歯周病になりにくい食生活

      よくかんで食べる(唾液の働きを活発にします)
      甘い飲み物や食べ物は摂り方を工夫する
      ダラダラ飲み」や「ながら飲み」をしない
      食後の歯みがきの習慣をつける 

8020運動って?

むし歯や歯周病は、年齢をとわず広く蔓延している病気です。
これらの病気は、歯は元にはもどらず、完全に治すことは大変難しい病気であるということを強く・はっきり認識しなければなりません。
日本歯科医師会は健康の基本である歯を保つために8020運動を推進しています。
むし歯や歯周病にならない、進行させないためには口腔内の清潔を保つことが大切です。
このためには、日々の正しい歯磨きと歯科医師によるチェック、歯科医師・歯科衛生士による管理(PMTC)が必要です。

正しい歯みがきって?

むし歯も歯周病も歯の周辺に付着する歯垢(プラーク)が原因となります。
プラークの中には多くの細菌が棲息し、歯や歯ぐきを侵していきます。
このプラークを付けない、取り除くが予防の基本です。

むし歯予防にはブラッシング

虫歯菌を減らすには、ブラッシングが有効な方法です。
ブラッシングによって、虫歯菌のすみかになるプラーク(歯垢)を取り除くことができます。
長時間、食べ物のカスがついたままだと歯の表面に虫歯菌が繁殖し、プラークを作り歯を溶かし始めてしまいます。
とくに、寝ている間は唾液が出る量が少ないため、歯の表面のエナメルから溶け出したカルシウムやリン酸が歯に戻らず、再石灰化しにくいために虫歯になりやすい危険な状態が長く続くことになります。
寝る前のブラッシングがとても大切です。

どんな歯ブラシを選べばいいの?

      毛部の長さは、奥歯2本分程
      首の部分が細くなっている
      毛先は丸くカットしてある
      植毛は3列か多くても4列まで
      鉛筆持ちがしやすい太さと長さであること

歯ブラシの交換時期って?

毛部が広がってしまったときが、交換時期です。
ハブラシを裏からみて毛部が広がっていないかチェックしましょう。

PMTC(専門的機械歯面清掃)とは?

歯科医師、歯科衛生士などの専門家が、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを使って、すべての歯面と周辺の歯垢(プラーク)を取り除く方法です。

PMTC(専門的機械歯面清掃)って何するの?

      プラークの染め出し

      完璧な歯磨きは難しくどうしても磨き残しが出てきます。
      自分で不得意な部分を確認することによって今後の歯磨きの参考にしてゆきます。
      (行なわなくても良いこともあります)

      プラークの染め出し

      微粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げる。
      このとき歯ブラシで落とすことができない着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイにこすり落とします。

      プラークの染め出し

      微粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げる。
      このとき歯ブラシで落とすことができない着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイにこすり落とします。

      歯表面のつや出し

      研磨ペーストを塗り、柔らかいラバーカップで表面のつや出しをします。

      フッ素で歯質を強化

      歯の質を強くし、虫歯を予防するため、きれいになった歯面にフッ素を塗ります

妊娠時はむし歯、歯周病になりやすい?

妊娠・分娩・授乳中の歯科治療には、必要性と不安が混在します。
歯科疾患は妊娠・授乳にかかわらず起こりますし、妊娠・授乳期間は悪化しやすい環境にあります。
一方、治療で流産や早産・胎児への影響も心配です。 特に麻酔や薬の副作用をご心配になるでしょう。

つわりが起きたら…

つわりでは吐き気・嘔吐、食事嗜好が変わります。
歯磨きしようすると吐き気・嘔吐が起こり、口腔内清潔が下がります。

つわりは英語ではmorning sickessといい、おなかがすくと吐き気がします。
そのため、つわり軽減のため間食を勧めます。
さらに、水分を確保するためスポーツ飲料やジュース類を多くとるようにします。

また、口腔内pHも下がることが知られています。
このような条件により、妊娠初期はむし歯、歯周病には危険な状態にあると思われます。

まず、できるだけ歯磨きをすることが必要ですが、歯磨き剤のにおいに敏感になることもありますので、歯磨き剤を使わないでブラッシングしてみましょう。
でも出来ないときは出来ないません。 最低うがいをしましょう。
歯科医による口腔内チェックを受けアドバイスを得ることも大切です。