虫歯や歯周病のない健康的な歯のために

無痛治療

痛くない。怖くない。

当院では、痛くない治療(無痛治療)を心がけています。
「家族みんなで通える歯医者さん」を目指して、針を使わない
「表面麻酔」などを使用した、痛くない治療を行っております。
歯医者が嫌いなあなたに、歯医者を好きになってもらう事を真剣に考えています。

どうして痛くないの?

歯を削る時も麻酔注射の時も、できるだけ痛くない治療を心がけています。

「痛い!!」怖い!!」と思ってしまう「歯科治療」。
つげ歯科クリニックでは、患者様に痛みをできるだけ与えない丁寧な治療を心がけています。現在の歯科治療には歯科麻酔注射はなくてはならない処置ですが、この注射が痛くて「嫌だ」という方もたくさんいらっしゃいます。

まず、表面麻酔を塗ります。
麻酔注射の前に、刺す箇所の歯肉表面にゼリー状の表面麻酔薬を塗布し、注射針を刺す部分に予備麻酔を行います。
麻酔の際の「チクッ」という痛みを軽減できます。
お子様の乳歯を抜く場合は注射をしなくてもこれだけで十分なほどです。
麻酔薬を体温と同温程度に温めておきます。
麻酔薬と体温の温度差があると痛みを感じてしまいます。
つげ歯科クリニックでは常に体温に近い状態に麻酔薬を管理しております。
よって、温度差により感じる痛みはありません。
最も細い針を使用しています。
注射針にもいろいろありますが、痛点を避けるという意味でも、細い針であればあるほど痛みは感じにくくなります。
つげ歯科クリニックでは、現在市販されているもの中でも最も細い注射針(注射針33G)も用意しています。

診療時間

診察の流れ

無痛治療

レーザー治療

5つのお約束

サイトリンク集

高齢者障害者用 バリアフリー構造

労災指定医療機関