虫歯や歯周病のない健康的な歯のために

インプラント

インプラント

インプラントって何?

歯が抜けたあとの骨に人工歯を植える技術です。

抜けた歯をそのまま植えて元通りになれば理想なのですが、左の図のように自然歯は血管や神経(歯髄)が入っていて栄養を得ていますので、抜けた歯を入れて接着しても活着させることができません。

インプラントの材料として使われるチタンは骨と融合するため、自然歯と同じような固定ができるのです。
構造は図のように3つの部分からなっています。歯を支える歯根の代わりのインプラント、人工歯のクラウン、クラウンとインプラントを繋ぐアパットメントです。

治療の流れ

治療にかかる費用

診断料金
診断用模型とステント
20,000円
CT撮影料金
10,000円
手術代
人口の根を骨に植える
〈1本あたり〉160,000円
アバットメント(インプラントにたてる土台)をたてる
〈1本あたり〉40,000円
かぶせもの
銀歯(保険と同じ種類の歯)
30,000円
金歯(18K)
60,000円
ハイブリッドセラミック(白色)
60,000円
セラミック(白色)
80,000円
1本あたり26万円〜

※料金は税別です。

※2本目以降、診断料金はかかりません。

※骨の量が少ない方の場合、骨造成5万円〜が必要になることがあります。

ブリッジ・入れ歯との違い

       
外見 自分の歯と
同じように見える
自然の歯と同じような
外観が回復できる
自然な外観を
損ねることが
避けられない
噛み合わせ 安定を長期間
保つことができる
噛み合わせを回復する
ことができる
装着による違和感を
生じやすい
咀嚼機能
回復
失った歯の数が多い
場合にも咀嚼能力を
回復できる
  短期間(数年)であれば
咀嚼機能をある程度
回復できる
(天然歯の1/3)
耐久性 適切にケアすれば
充分長持ちする
適切にケアすれば
充分長持ちする
数年ごとに作りかえを
必要とすることがある
機能性 自然の歯に近い機能が
期待できる
自分の歯と同じように
咀嚼することができる
固いもの、弾力の
あるものは食べにくい
治療期間 3ヶ月〜10ヶ月 比較的短期間のうちに
機能回復ができる
比較的短期間のうちに
機能回復ができる
保険適応 保険適応とならない ほぼ保険適応 ほぼ保険適応
費用 1本約30万円
(かぶせ物も含む)
保険の適応内のため
それほど高額に
ならない
保険の適応内のため
それほど高額に
ならない
メンテ
ナンス
必ず必要
(最低半年に1回)
必ず必要 数年ごとに
調整を必要とする
土台と
なる
歯への
影響
土台となる歯はなし 土台となる歯を削除
しなければならない。
土台にした歯に
負担がかかり、
清掃性が悪くなるので、
歯を喪失する危険が増す
入れ歯を支える骨や
歯の喪失を招きやすい
ブラッシングが
うまくない方には
お薦めできない。
ブリッジの土台の歯に
問題があると
全てやり直しに。
 

眠っている間に痛くない治療

静脈鎮静法について

インプラント手術を希望される方には大学から麻酔専門医を呼び、静脈鎮静法を使いリラックスした状態で行います。

つげ歯科クリニックでは、そのような手術も歯科麻酔を専門とする麻酔医が鎮静法を施します。 緊張状態を和らげ身体的、精神的にもストレスのない状態で終えることができます。 緊張する手術中は、ほぼ眠った状態で終えることが可能です。もちろん、外科治療だけでなく一般の治療も可能です。
(但し、別途料金が必要となります)

オペ中はモニター装置にて血圧、脈拍数、心電図(すべて腕にて測定)などを管理しながら行いますので、今まで以上により安全に配慮したオペができます。

静脈鎮静法の効果

      気分が落ち着きます。
      治療時間が短く感じられ治療中のことをあまり覚えていません。(健忘効果)
      嘔吐反応が強い患者さんも治療中の吐き気を抑え楽に治療できます。
      心身障害などをかかえていて理解や協力ができず、一般の歯科医院ではなかなか治療ができなかった方も、眠った状態で治療やお掃除をすませてしまうことも出来ます。